30代・40代からでもウィンタースポーツを始めることは可能?

30代・40代からでもウィンタースポーツを始めることは可能?

これさえ気をつければ大丈夫!

ウィンタースポーツで気を付けるべきこと

実際に始めるにあたって注意すべき点がいくつかあるので確認しておきましょう。

まず、「ウィンタースポーツは、他のスポーツとは根本的に大きく異なる」という意識を持つ必要があります。
「運動には自信がある」という方に限って、アドバイスを軽視して怪我をしてしまうことが多いのがウィンタースポーツなので、以下を注意しましょう。
まず硬くて大きなブーツを履き、それをボードに固定するという状態は、誰にとっても不慣れです。
想像以上に動きにくく、初めはその状態でリフトに乗るだけでも少し戸惑います。

また、他のスポーツにない注意点として、「滑っている最中に他の人と衝突するリスクが大きい」ということもあります。

このような危険性もあるので、ウィンタースポーツを始めるにあたっては、必ず「経験者に同行してもらう」か、「まずは講習を受ける」ようにしましょう。

その他の具体的な注意点

スノーボードやスキーを始める際の具体的な注意点をご紹介します。

まずは道具の準備についてです。
初心者のうちはレンタルを利用するのも良いですが、ブーツだけは気を付けましょう。
合わないブーツで滑ると、怪我のリスクが高まったり、疲労が増えたりと危険が伴います。
ブーツだけでも、あらかじめ専門店で実際に試着した上で購入するようにしましょう。

また「準備運動」と「運動後のストレッチ」は必ず行いましょう。
準備運動を怠ると、アキレス腱損傷などの怪我のリスクが高まります。
また、運動後のストレッチを怠ると、疲労が筋肉に溜まり、翌日以降に疲れを持ち越してしまったり、ひどい筋肉痛に襲われたりという危険があります。

いずれにせよ、ウィンタースポーツで大切なのは、「不慣れであることを意識し、素直に経験者や講師のアドバイスを実践する」ということです。
事故や怪我に気を付けながら、自分のペースで楽しみましょう。


この記事をシェアする