30代・40代からでもウィンタースポーツを始めることは可能?

30代・40代からでもウィンタースポーツを始めることは可能?

実は多い!大人になってからのウィンタースポーツ

体力の不安

一番の不安は何と言っても、「今の私にそんな体力があるのか」ということではないでしょうか。
「仕事や子育てが忙しく、運動しなきゃと思っても運動不足が続いている」だとか、「最後に本格的にスポーツを行なったのはもう10年も前」だとか、何かと運動離れになってしまうのが今の日本社会ですよね。

この心配を克服するためには、実際に体を動かすしかありません。
しかし、決してハードな事前準備が必要なわけではないので、安心してください。

1ヶ月程度前から、ジョギングやウォーキングなどを少しずつ始めましょう。
初めから無理をせずに、少しずつ量を増やすのがコツです。

ゲレンデでは2、3時間程度滑るのが一般的です。
もちろん適宜休憩を挟むことはできますが、1時間程度は滑り続ける可能性が高いです。
なので、1時間程度続けてウォーキングできるくらいに体力を調整しておけば安心ですね。

「ゲレンデで浮くかも」という心配は不要!

もう一つの不安は、「この歳で張り切ってウィンタースポーツをするのは恥ずかしくないか」ということだと思います。
結論から言うと、その心配は全く不要です。
お子様連れの中高年のプレイヤーは沢山いますし、最近では「老後を楽しもう」という動きも盛んで、シニアのプレイヤーの割合が増えてきているのが現状なのです。

そもそも、ゴーグルとニット帽をかぶれば、顔はわかりませんし、ウィンタースポーツ用のウェアを着れば、体型もほとんどわかりません。
ウェアの種類も豊富で、派手な色に抵抗があれば落ち着いた色のものもあります。
実はむしろ、シニアの方が派手なウェアを楽しんで着こなす傾向もあります。
結局、周りの目など気にする必要はありません。
自分の着たいものを着て、思う存分楽しみましょう。


この記事をシェアする